toggle
2019-08-02

ノンシュガーのミステリー

ノンカロリー、ノンシュガー、低カロリー…

いろんな言い方がありますが、言葉のマジックに騙されていませんか?

先日買ってみたこの2種類のチョコ。砂糖ゼロ・糖類ゼロと書かれています。

でも、実はカロリーゼロじゃない。

ビター(黒)で1本あたり50kcal、ミルク(白)で48kcalです。

ノンカロリーどころか、結構高いです。

健康を謳っているかのようで、実はそうでもない。

砂糖が入っていなくてもカロリーがあるのは、脂質由来のものだと思われます。

そしてチョコの甘みは人工甘味料のアスパルテーム。

アスパルテームは血糖値を上げませんが、甘みに依存しているという意味では何の役にも立ちません。

さらに脂質由来のカロリーがあるので、もちろんこのチョコを食べすぎれば太ります。

甘みは依存性が強いので、食べるともっともっと欲しくなってしまいます。

「何の」甘みをとるのかではなく、「どのくらい」甘みを減らせるか。

健康のためにはここがキーポイントとなるでしょう。




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です