toggle
2019-07-30

エシャレットの活用

またまた謎食材を買ってしまいました。その名も「エシャレット」

あまり見かけないレアな野菜です。

そして、買ってから何を作ろうか迷う。

そもそもエシャレットとは何か

エシャレットとは、若採りのらっきょうのことをいいます。確かに包丁を入れるとらっきょうの香りがしました。

ごく一般的に知られている「らっきょう」はらっきょうの甘酢漬けのこと。

もともとらっきょうはネギ科の野菜です。

ここで知っておいてほしいのが、実は「エシャレット」と「エシャロット」という2つの野菜があるということ。

今回使ったエシャレットは「らっきょう」のことで、エシャロットというと小型の玉ねぎを指します。

ヴィナグレッチソースを作ってみた

サラダチキンの上に野菜を角切りにして、オリーブオイルとレモン酢でマリネしたヴィナグレッチソースをかけてみました。

エシャレットはネギ特有の辛味があるので、水にさらしておいた方がよいです。

ヴィナグレッチソースはブラジルソースとも呼ばれるもの。フレンチのラヴィゴットソースとそっくりで、違いはよくわかりません…

トマト、きゅうり、パプリカ、レモン酢。体によさそうな食材ばかりです。

後ろに付け合わせで使ったレタスは、厚岸産のバタビア

コンビニに売っていたので助かりました。

わざわざ広いスーパーを彷徨わずに生野菜を買えるのは嬉しいです。

こうして、夏にぴったりの爽やかな主菜のできあがり。

チキンを他の肉や魚に変えてもよいでしょう。

おまけ

エシャレットはシャキシャキとした食感を楽しむ野菜ですが、火を通すとホクホクと芋のような食感に変わります。天ぷらや炒め物にも使えるそうです。

茨城県と静岡県で生産量の97%を占めているとのこと。

北海道ではまだあまり見かけないかもしれません。

独特の風味があるので、タルタルソースにも合いそうだなと思いました。




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です