toggle
2019-11-05

飯寿司が作りたい

飯寿司が作りたいと思って、ホームセンターで必要な道具を見てきました。

私は飯寿司が食べられない…というか食べたことがないんですけど、一から作れたらすごいなと思って。

ただそれだけの理由です。

自分で作ったら美味しく食べられるかもしれないですし。

ここで、少しだけ飯寿司について勉強したので、大切なポイントをまとめておきます。

飯寿司ってどんな料理?

飯寿司は北海道や東北、北陸などの寒い地域で食べられる料理です。

冬の保存食、年末・お正月のご馳走として食べられことが多く、昔から郷土料理として親しまれてきました。

しかし、今では家庭で作られることが減ってしまい、伝統的な食文化継承のピンチでもあります。

飯寿司は野菜と魚を米麹で乳酸菌発酵させたものです。

まろやかな風味と、酸味が程よく合い、素材の旨味を存分に感じられます。

各家庭で使用する材料は変わるので、その家の味が楽しめるというのも飯寿司の楽しみの1つ。

「あの人の作った飯寿司は美味しいよ」「〇〇さんの飯寿司が食べたいな」そんな会話ができるのも、自家製が主流の飯寿司だからこそではないかなと。

飯寿司の定番の食材

飯寿司に使う材料には次のようなものがあります。

■魚 : 鮭、ハタハタ、にしん、ホッケなど

■野菜 : 大根、人参、キャベツ、きゅうりなど

■米麹

お好みなのでなんでも良いのですが、色のきれいな鮭や人参を使うときれいに仕上がります。

また、生姜や柚子など、味のアクセントになる食材も入れておきたいところです。

飯寿司の作り方

①まずは野菜を切るところから始まります。

大根や人参は千切り、きゅうりは薄切り、キャベツは適度な大きさへ。(1cm角など)

②樽の底に笹の葉を敷きます。笹の葉には防腐作用があるそうです。

③塩を混ぜておいた野菜を敷き詰めます。

④その上に魚を重ねます。

⑤酒と酢を混ぜたものを全体にかけ、生姜や柚子、麹の順で重ねます。

⑥また笹の葉を上に乗せて、同じ手順で重ね、樽に詰めていきます。(6段ほど)

⑦蓋をして重石をし、2〜3度になる部屋で熟成させます。

⑧45日後、「ひっくり返し」表面のカビを取り除き、樽を返して水分を抜く作業。

こうして飯寿司の完成です。

木の樽は結構高めですが、ずっと使うものと考えるとこちらの方が丈夫で良いのかも。


漬物桶 木製 つけもの桶 漬物容器 漬物樽 日本製 6kg用 89240

なんとなく漬物が付けたいなと思っていた私ですが、そのなかでも食べたことのない飯寿司に惹かれた理由はわかりません。

家の中が集中暖房なので、まずは寒い環境をどう作るか。ここから考えなくてはなりません。笑

でもなんだかワクワクしてきました。

何事もチャレンジ。まずは道具を揃えよう。




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です