toggle
2019-10-25

自分の価値を下げるという発想

フリーになってからここ数年、自分のレベルを上げることばかり考えていました。

料理教室の内容もより充実させて、特別なものにしたい。

付加価値を付けたい。

肩書きを持って安心してほしい。

スキルを磨くこと、知識を付けることは悪いことではない。

でもそれが必ずしも求められることなのか、わけがわからなくなってしまったんです。

全てのお店が一流だったら、お店に行けない人も多くなる。

飲食店でいったら客単価を上げることを考えていた。

「安かろう悪かろう」という言葉があるとおり、安いと質が下がると懸念されることもある。

でも、100均もワンコインランチも人気がある…

値段設定という魔物に悩まされています。

「安くてもいいもの」だったら一番いいよね。

もっと敷居を低く、カジュアルなものを目指してもいいのかな、なんて。

ハードルが上がるたび、自分が苦しくなるんです。

初めはうまくいっても、二回目が怖くなる。

経営についても、これからもっと勉強しないといけないなぁと思ってます。




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です