toggle
2019-10-23

基本の知識をおさらい!「まごわやさしい」で健康に

「まごはやさしい」という言葉を聞いたことはありますか?

健康を語る上では欠かせないこの標語。

いたるところで出会うので、覚えておいて損はありません。

それでは、実際に「まごはやさしい」とはどのような食事のことをいうのか見ていきましょう。

ま:豆・大豆・味噌・豆腐

大豆製品や豆類のことを表します。

豆腐料理や煮豆などがおすすめです。

時間のないときは納豆さえあれば簡単に食事ができますよ。

ご:ゴマ・ナッツ類

和食でいうとゴマが定番ですが、ピーナッツやカシューナッツなどのナッツ類も含まれます。

野菜をおひたしにするときには、ゴマを加えて胡麻和えにするとより体にやさしい食事になりますね。

わ:わかめ、その他海藻類

わかめが基本ですが、その他の海藻も含めて大きく「わ」に分類してOKです。

カリウムやカルシウムなどのミネラル類が豊富です。

乾燥されているものは一度水で戻してから使いましょう。

や:野菜

ざっくりと野菜全体のことをいいます。

野菜の1日の摂取目安量は350gです。

生のままではボリュームがあるので、加熱をしてカサを減らして食べましょう。

さ:魚

魚はDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富です。

脳を活性化させたり、血液をサラサラにしたりする効果が期待されています。

白身魚と青魚ではカロリーが大きく違うので、目的に合わせて魚を選びましょう。

し:しいたけ

しはしいたけから由来していますが、その他にもしめじやえのき、エリンギなどいろいろなきのこがあります。

食物繊維が多くカロリーが低いので、ダイエット食にもピッタリです。

値段も安いので、普段の食事に積極的にとり入れていきましょう。

い:いも

ジャガイモ、サツマイモ、山芋などいろいろな芋があります。

糖質が摂れるので主食の代わりとしても使えますが、反対に食べ過ぎはカロリー過多になるので要注意です。

汁物、サラダ、炒め物などアレンジしやすいのもメリットの一つですね。

まとめ

「まごはやさしい」をキーワードに食事を組み立てると、自然と体にやさしい食事になります。

全てを毎日…は難しくても、少しずつ意識をして上手に献立を組み立てていきましょう。


まごはやさしいよな 健康管理・ダイエット




タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です