toggle
2020-05-30

たまご焼き

子どもの頃の話。

父の作れる料理は2つだけで、それは炒飯とたまご焼きでした。

今でも味を覚えていて、この2つの料理にまつわるエピソードはたくさん。

たった2つだけなのにすごいことだなぁ。

そして、たまご焼きがすごく美味しくてずっと忘れられなかった。

でも、ある日どうやって作っているのか聞いてみたら、卵5個だけって。

ただの素材の味だった。

すごく美味しかったのは、きっと父なりの愛情を感じ取れたからなんだなと。

多分私がおばあさんになっても忘れない味。

私も子どもたちの記憶にずっと残る味を作れるかな。




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です